こんな症状はありませんか?

  • 眠れない
  • 疲れやすい
  • 体がだるい
  • 頭痛、頭重
  • 食欲がない
  • 根気がなくなった
  • ぼぅっとする
  • くよくよ考える
  • いつも不全感がある
  • 呼吸困難
  • 不安・焦燥感
  • パニック
  • 外出できない
  • 乗り物にのれない
  • 同じことを何度も確認する
  • 手を何度も洗わないで入られない
  • 不潔恐怖
  • 考えが浮かんできて困る
  • 妙なとらわれ・こだわり
  • 変えたいと思うが変えられない
  • よく似た失敗を繰り返してしまう
  • 自分に自信がもてない
  • 親密な人間関係がうまくもてない
  • 対人関係が苦痛・困難
  • 他者の目が気になる
  • ワーカホリック
  • 共依存
  • 赤面・対人恐怖
  • 摂食障害(拒食・過食)
  • 居場所がない
  • いじめ(られ)
  • 不登校
  • ひきこもり
  • 育児困難

病気と一時的な気持ちとの違い

上記のチェック項目は、うつ病・神経症などを発症している患者さんにみられる症状の一例を一覧にしたものです。
自分では「大丈夫」と思っていても、思わぬうちに症状が進行してしまうこともあります。
逆に、診察の結果、病気ではなく一時的な気持ちの問題だったということもあります。
その場合、医師から病気と一時的な症状の違いについて丁寧に説明させていただきます。

少しでも気になったら、まずはプロを頼りましょう!

少しでも気になったら、まずはプロを頼りましょう!

患者さんの中には、「これぐらいのことで病院にかかっていいのかな」と遠慮して、症状が重くなってから来院される方も少なくありません。気になったら、心の病気のプロに診てもらいましょう。
当院には、カウンセラーも常駐しておりますので、ひとりで悩みを抱え込まずお気軽にご相談ください。
(※カウンセリングは完全予約制です)